男性向け!サンマリエの会員情報を徹底調査|会員数・年齢層・年収層

✔サンマリエには会員構成はどうなの?
✔他社と比べてどうなの?
✔サンマリエにはどんな会員がいるの?

Kei

本記事では、このような疑問にお答えします。

サンマリエに入会を検討されている方にとって、どんな会員がいるかは気になるのではないでしょうか?

折角入会しても、自分の求める人がいなければ意味がありません。

また、会員層によって、活動しやすさも大きく変わります。

本記事では、サンマリエにどんな会員がいるか徹底調査したので、参考にしてください。

~無料相談・資料請求はこちらから!~

Kei

筆者情報

●結婚相談所探求家(自称)
●資格:婚活アドバイザー
●自身も結婚相談所で成婚
●活動中お見合い72回/デート100回以上実施
●得た経験と知識を元に役立ち情報を発信

読みたい場所をクリック!

サンマリエの基本情報

以下にサンマリエの基本情報を一覧にまとめました。

結婚相談所
タイプ
ハイブリッド型
会社情報大手結婚相談所連盟IBJの完全子会社
会員数業界最大級86,403名 ※1
男性比男性48%、女性 52%
年齢層男性 30~40代
女性 20代後半~40代
年収層男性 600万円以上が42%
女性 400万円以上が47%
学歴層男性 大卒以上が68.8%
女性 大卒以上が73.5%
店舗全国24店舗+44サテライト
※サテライトは月1~2回開催
キャッチ
フレーズ
結婚までの最短距離ならサンマリエ
カウンセラー専任のカウンセラーがサポート
婚活カレッジ会員専用の無料の婚活セミナーを多数実施
※スタンダードコース対象

~無料相談・資料請求はこちらから!~

サンマリエの会員構成

ここでは、サンマリエの会員構成について詳しく解説していきます。

解説するのは以下の内容です。

会員数
男女比
年齢層
年収層
学歴層

Kei

各項目で代表的な他社との比較も書いているので参考にしてください。

会員数

まずは、サンマリエの登録会員数を見ていきましょう!

登録会員数は、単純に多いほど候補となる女性が多くなるので、選択肢が増えます。

結婚相手を選ぶのであれば、多くの候補から比較し、納得した女性と結婚したいですよね?

その点、サンマリエの登録会員数は、結婚相談所業界最大級の86,403人と申し分ない会員数です。

ただ、多そうというのはわかりましたが、

〇他の相談所と比べてどうか?
〇自分の地域はどのぐらいいるか?
〇会員数の変動はどうなのか?

といったところも気になるところです。

Kei

では、会員数についてもっと深堀していきましょう。

他社比較

結婚相談所業界最大級と言っても、他社はどのぐらいの会員数がいるのでしょうか?

下の表は、大手の結婚相談所10社の会員数です。

スクロールできます
121,000名約94,000名86,403名86,403名83,738名73,000名42,859名31,800名30,166名30,000名
121,000名
約94,000名
86,403名
86,403名
83,738名
73,000名
42,859名
31,800名
30,166名
30,000名

今回比較した結婚相談所では、サンマリエは会員数が3番目に多い結婚相談所になります。

比較対象はどこも大手の結婚相談所で、その中でも多い方に入っているので、かなり会員数の多い結婚相談所と言えます。

Kei

サンマリエは、大手結婚相談所で比較しても上位で、会員数では申し分ありません。

地域別

先ほどのデータでは全会員数を見ましたが、自分のいる地域に会員がいるかもとても重要です。

特に、地方在住の方は入会してみたものの、

『同じ地域の女性がいない!?』

といったこともあり得るので、しっかりと確認しておきましょう。

Kei

地方の婚活は色々な面で厳しいので、事前に十分確認が必要です。

下のグラフは各地域の会員数です。

各地域の会員数
北海道・東北
男性1,333名、女性1,019名
関東
男性13,104名、女性16,439名
東海
男性5,794名、女性4,176名
信越・北陸
男性1,386名、女性707名
近畿
男性7,335名、女性10,838名
中国・四国
男性2,060名、女性1,852名
九州・沖縄
男性1,801名、女性2,593名
海外
男性106名、女性49名

引用元:BRIDAL PARTNERS

データの通り、関東、東海、近畿に会員数が偏っていて、大体の大手結婚相談所も同じ傾向にあります。

これが先ほど話した、地方の厳しい面の一つです。

サンマリエは地方にも一定数の会員が在籍しているので、対象の女性がいないといった事態にはなりません。

Kei

対象の年齢層でも変わるので、入会前には合わせて確認も必須!

地方の会員が増えている

会員数について、地方で活動を考えている人に嬉しい情報があります。

最近は、地方でも会員数が増えているということです。

下の表は、サンマリエが所属している連盟IBJの地域別入会数の2018年と2022年の比較になります。

引用元:IBJ 2022年度成婚白書

入会者数は全体的に伸びてきていますが、特に地方の入会者数の増加の割合が多いです。

さらにどの地域でも、20代の増加割合がかなり多くなっています。

Kei

20代の東北、甲信越、四国は5倍、6倍に入会数が増えています。

地方の婚活は厳しいと言われていますが、その大きい要因の会員数も改善傾向にあります。

これは、地方での活動を考えている人には大きな追い風と言えるでしょう。

会員数の推移

地域別の説明でも少し触れましたが、サンマリエの会員数は年々増加しています。

下のグラフは、サンマリエが所属している連盟、IBJの会員数の推移です。

引用元:PR TIMES

グラフの通り、年々会員数が増加して80,000名を突破しています。

特に、2020年以降の増加量は急激です。

原因は、コロナ禍で飲み会や合コンの減少、ハラスメントの表面化などが要因で、出会いの場が減ったことで、婚活サービスを利用する人が増えたためと言われています。

Kei

今年も86,403名と増加しており、どんどん増えていくと予想されます。

会員数まとめ

会員数
業界最大級の86,403名(大手比較で3番目)
※会員数は年々増加している

●地域別
地方にも一定数の会員が在籍
※地方会員は近年かなり増えてきている

~無料相談・資料請求はこちらから!~

男女比

男女比は結婚相談所を選ぶ上で、とても重要な要素の一つで、どれだけ有利に活動できるかに関わってきます。

折角であれば、より有利な条件で活動できるところがいいですよね?

その点、サンマリエの男女比は、女性の方が多く男性有利です。

この解説だけでは、具体的にどう有利なのかわかりづらいので、

〇男女比でどう条件が有利になるか?
〇他の相談所と比べて男女比はどうか?
〇自分の地域はどうなっているか?

といったところを詳しく解説していきます。

Kei

男女比は大事な要素ですので、しっかり見ておきましょう。

男女比の重要性

男性目線で見た場合、女性の割合が多いほど男性有利に活動できると言えます。

その理由を具体的に説明します。

下の図は、女性の方が多い場合の交際成立のイメージです。

男女比で女性が多い場合、人気会員同士で交際が成立していったとしても、交際が成立しない人気女性会員がでてきます。

交際成立しなかった人気女性会員は、普通の男性会員から交際相手を探すことに。

また、普通会員同士でも同様の事が考えられるので、

●普通男性会員×人気女性会員
●不人気男性会員×普通女性会員

のカップルがより多く誕生することになります。

上記はあくまでイメージで、実際は相性やタイミングなど他の要因があるので、全てこの通りにならないです。

ただ、このような傾向はあって、男女比の違いでこれぐらい有利な状況で活動できるという事は認識しておきましょう。

Kei

どこで活動するかで婚活の難易度は大きく変わります。

他社比較

男女比の重要性がわかったところで、サンマリエの男女比が他社と比べてどうなのか見ていきます。

下の表は、男女比を公表している大手結婚相談所との比較表です。
※男女比は【男性の比率:女性の比率】の順で表示

スクロールできます
48:5248:52(※1)49:5154:4645:5563:3749:5156:44
48:52(※1)
48:52
49:51
54:46
45:55
63:37
49:51
56:44

※1 加盟している連盟のIBJの男女比を参照

※1 加盟している連盟のIBJの男女比を参照

今回比較した結婚相談所の中でも、サンマリエは女性が多い構成となっていて、男性有利の結婚相談所と言えます。

結婚相談所は女性余り?

数年前までは、結婚相談所業界は女性余りと言われていました。

実際、私が活動を開始していた時は、IBJの男女比は4:6で、なんと女性の方が1.5倍多かったです。

最近は、男性会員の割合が多くなって、男性有利の状況が薄れているのは残念なところ。

そのため、今は男女比に注目して、できるだけ男性有利に活動できるところを選ぶように意識しましょう。

Kei

今後も男性会員の割合が多くなる可能性はあります。

地域別

先ほどは各結婚相談所での男女比の比較をしましたが、地域ごとでも割合は変わってきます。

下のグラフは、【会員数-地域別】でも紹介した、各地域の会員数です。

引用元:BRIDAL PARTNERS

会員数では、地域ごとの比較がしづらいので、男女比に直したのが以下の表です。
※男女比は【男性の比率:女性の比率】の順で表示

スクロールできます
北海道
東北
関東東海信越
北陸
近畿中国
四国
九州
沖縄
海外
57:4344:5658:4266:3440:6053:4741:5968:32

このように、地域が変わるだけでも大きく男女比は変わってきます。

男性視点でみると、

有利:関東、近畿、九州・沖縄
不利:北海道・東北、東海、信越・北陸

という結果です。

Kei

地域でここまで男女比が大きく変わるのは驚きですよね。

インターネットやTwitterでは、『男性は福岡に、女性は愛知で活動するのが有利!』というのを目にしますが、この男女比の違いが大きく関わっています。

ただ、地域は婚活のために変更するというのは難しいものです。

ですので、自分の地域の状況を把握して、活動する時の戦略の参考にしてください。

男女比のまとめ

●重要性
男女比は有利な条件で活動できるかの重要要素

●他社比較
サンマリエは、女性比が多い男性有利の結婚相談所

●地域別
地域でも大きく男女比が変わる
⇒自分の地域の状況を把握し、戦略の参考に!

~無料相談・資料請求はこちらから!~

年齢層

年齢層からは、

●対象となる女性はいるか?
●自分の年齢層の男女比は?(活動の有利度)

といったことがわかります。

活動するなら対象の女性が多く、有利に活動する方がいいですよね?

結婚相談所ごとに年齢層も大きく変わってくるので、しっかりと選ぶ必要があります。

なお、サンマリエは会員数で言えば30代の女性が多いですが、他の結婚相談所と比較した場合、

全年齢層バランスよくいる結婚相談所

といえます。

Kei

どの年代でも安心して活動できる婚相談所です。

ここでは、

〇他の結婚相談所と比べて年齢層はどうか?
〇モテる年齢って何歳ぐらい?
〇年齢ごとに男女比はどうなの?

という点について詳しくみていきます。

他社比較

下の表は、大手結婚相談所の年齢層の比較表です。

なお、各社で公開している情報の年齢区分が違うので、出来るだけ合わせるように調整しています。

スクロールできます
年齢~29歳30~34歳35~39歳40~44歳45歳~
男性8.1%19.9%22.5%18.2%31.3%
女性13%28%27.4%17.7%16.9%
男性7.3%16.4%23.4%21.3%31.6%
女性15.3%26.7%30.8%17.9%9.3%
男性14%21%22%17%24%
女性19%26%24%14%14%
男性17%31%17%21%14%
女性31%29%21%9%10%
スクロールできます
年齢~30歳31~35歳36~40歳41~45歳46歳~
男性14.5%28.6%30.3%15.3%10.8%
女性23.9%41.3%26.6%6.9%1.3%
男性13%26%27%17%16%
女性22%37%28%13%

表の赤文字のように、30代の女性の割合が多くなっています。

ですが、他の結婚相談所と比較的すると各年代に満遍なく会員がいるのが特徴です。

Kei

どの年代の男性にも魅力のある年齢構成です。

モテる年齢層

年齢の話で気になるのが、【自分の年齢はモテるの?】ということ。

これを見るのに適した『年齢と成婚しやすさ』というデータがあるので紹介します。

下のグラフは、『年齢と成婚のしやすさ』のデータです。

まずは、数値の見方ですが、定義は以下の通りです。

成婚しやすさの定義
活動会員数における各年代の比率を分母とし、成婚者における各年代の比率を分子として表したもの(100%平均)

Kei

簡単に言うと100%で条件としては平均。それ以上なら有利に活動でき、以下なら不利になるという事です。

グラフを見ると、

25~29歳:153.7%
30~34歳:171.3%
35~39歳:130.1%

となっており、20代後半から30代後半の男性が人気があることがわかります。

特に、30代前半男性の人気はとても高いです。

この年代が人気なのは、仕事でも役職等がついて年収があがる頃で、年収と若さの両方を重ねた時期であるためだと考えられます。

あなたの年齢がこの人気の期間に当てはまるのであれば、是非積極的に活動することをおすすめします。

Kei

私は34歳から活動開始したので、ギリギリ人気の時期を利用することができました。

各年齢の男女比

【男女比】の章でも説明しましたが、男女比は有利に活動する上でとても重要になります。

実は、各年代で男女比は大きく変わることを知っているでしょうか?

以下は、サンマリエの年齢層毎の男女比です。

スクロールできます
~29歳30~34歳35~39歳40~44歳45歳~
37:6340:6043:5749:5163:37

※男性:女性の順で男女比を表示

表を見るとわかるように、30代までは女性の方が圧倒的に多いです。

また、年代が上がるほど段々と男性の方が多くなっていきます。

このことから、男性も若いうちに活動を開始する方が、より有利な条件で活動できるといえます。

Kei

男性も若い内に活動した方が良いというのは鉄則です。

年齢層のまとめ

年齢層で対象の年代女性がいるか確認が必要

●他社比較
サンマリエは、各年代で会員が豊富

●モテる年齢層
男性は30代前半が一番人気

●各年齢の男女比
各年代で大きく男女比が変わってくる
⇒年代が高くなるほど男性の割合が多くなる

年収層

男性視点で考えると、男女の年収層で、

男性側の年収:ライバルの強さ
女性側の年収:結婚後の世帯年収の目安

がわかります。

活動するとしたら、できるだけライバルが弱いところの方がいいですよね?

また、最近は共働きが主流になってきて、女性の年収も気になるのではないでしょうか?

なお、サンマリエは男女ともに、他の結婚相談所と比較して平均的な年齢層の配分となっています。

この理由の説明として、『他の相談所と比べて年収層はどうなのか?』という点について詳しくみていきます。

また、年収で気になる、

〇年収で足切りされない?
〇どのぐらい年収があれば結婚できるの?

といったところも合わせて説明します。

Kei

男性の年収は婚活では重要視されるので、しっかりと把握しましょう!

男性の年収層の他社比較

下の表は、大手結婚相談所の男性の年収層を比較した表です。

スクロールできます
400万円以下400-800万円800-1000万円1000万円以上
18%62%10%10%
2.8%70.3%14.6%12.3%
28%61%7%4%
11.3%71.1%10.6%7%
14%71%9%4%
9%71%11%9%

表のようにサンマリエは、他の結婚相談所と比べて、各年収層が平均的な数値となっています。

年収で見る男性の強さは結婚相談所では平均的と考えていいでしょう。

Kei

ですが、日本全体と比較すると年収は十分高いです。

女性の年収層の他社比較

下の表は、大手結婚相談所の女性の年収層を比較した表です。

スクロールできます
400万円以下400-600万円600-800万円800万円以上
53%34%9%4%
41.5%42.6%11.7%4.2%
62%30%6%1%
47%36.7%11.7%4.6%
51%38%8%2%
46%38%12%5%

表のように、女性の年収層においても、他の結婚相談所と比較して平均的な割合となっています。

ですが、日本の女性の平均年収は300万円に満たないので、平均以上に稼ぎのある女性が多く在籍しているのは間違いないでしょう。

そのため、サンマリエでも女性に一定の年収を期待する事ができると言えます。

Kei

共働き希望の場合、女性の稼ぎが多いと経済的に余裕がでるのは魅力です。

年収での足切り

年収の話になると気になるのが、【年収で足切りされないか?】ということ。

以下は、サンマリエの入会条件です。

サンマリエの入会条件

以下の条件に当てはまる方は、サンマリエ独自の審査の上で入会可
✔独身の方
✔男性は20歳以上で定職をお持ちの方
✔女性は20歳以上の方
✔婚約者や同棲関係を含む事実上の婚姻関係のない方

このように、入会条件に年収の制限は明記されていません。

但し、定職を持っていることが条件となっていることには注意しましょう。

また、『サンマリエ独自の審査の上で入会』と書かれていますので、何かしら足切りの基準はあると考えられます。

ですが、400万以下の年収層にも会員を多く抱えていることを考えると、低い年収でも入会できることを期待できる結婚相談所といえるでしょう。

Kei

400万円で足切りしている結婚相談所も多いです。

年収での成婚しやすさ

年収層でライバルの強さがわかると説明しました。

では、実際どのぐらいの年収があればいいのか気になりますよね?

それを見るのに適した『年収と成婚しやすさ』というデータを紹介します。

下の表が『年収と成婚しやすさ』のデータです。

引用元:IBJ成婚白書2022年度

Kei

数値の意味は、簡単に言うと100%で条件としては平均。
それ以上なら有利活動でき、以下なら不利になるという事です。

表の赤枠は、各年齢で100%を超える境となる年収で、平均以上の条件で活動できる基準です。

各年齢でまとめると、

25~29歳:300万円~
30~34歳:400万円~
35~39歳:500万円~
40~44歳:600万円~
45~49歳:900万円~
50歳以上:該当なし

となっています。

この数値は目安となる指標の一つです。

Kei

年齢で求められる年収が大きく変わることが良くわかりますね。

但し、100%より低いから活動すべきではないということではありません。

IBJで活動した人での比較となるので、元々高い成婚率が基準となっています。

日本の婚姻率は4.3%と言われています。
情報元:厚生労働省 令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況

それに比べて、IBJで活動している人の成婚率は約14%と3倍以上!
※2022年の【成婚者数÷会員数】で計算

そのため、100%を下回っているとしても、十分結婚相談所に入会する意味はあります。

年収層のまとめ

●他社比較
平均的な年収層の割合
※世間一般と比較すると全体的に年収は高い

●年収の足切り
定職を持っている必要がある
サンマリエは低い年収でも入会の期待はある

●年収での成婚しやすさ
年収×年代で成婚は大きく変化
IBJの成婚率は約14%(日本の4.3%の3倍以上)

~無料相談・資料請求はこちらから!~

学歴層

男性の場合、女性の学歴を気にしている人は少ないのではないでしょうか?

Kei

私も活動中は、女性の学歴はあまり考えていませんでした。

ただ、学歴で以下のような傾向があると言われています。

〇しっかりとした家庭で育っている
〇教育に対する意識が高い
〇一定以上の年収がある

結婚後の生活を考えた場合、生活・子育てなどでこれらが重要なのは確かです。

また、男性の学歴については、年収ほどではないですが、ライバルの強さ』に関わってきます。

今回は、

〇他の相談所と比べて学歴はどうか?

という点を詳しくみていきます。

男性の学歴層の他社比較

下の表は、大手結婚相談所6社の男性の大卒以上の割合を比較した表です。

大卒以上
68.8%
88.6%
81.2%
74%
74.7%
65%
83%

表のようにサンマリエは、他の結婚相談所に比べて大学以上の割合が低くなっています。

このことから、学歴で見ると比較的戦いやすい結婚相談所と言えます。

Kei

低いとはいえ日本の男性の大卒以上は50%ほどなので世間一般よりは多いです。

女性の学歴層の他社比較

下の表は、大手結婚相談所6社の女性の大卒以上の割合を比較した表です。

大卒以上
73.5%
77.4%
63.1%
66%
68.4%
62%
74%

表のようにサンマリエは、他の結婚相談所に比べて大学以上の割合が高くなっています。

大卒以上が、73.5%と比較した結婚相談所の中でも上位です。

このことから、高学歴の女性と出会いやすい結婚相談所と言えます。

学歴層のまとめ

●学歴高い女性の傾向
 ①しっかりとした家庭で育っている
 ②教育に対する意識が高い
 ③一定以上の年収がある

●他社比較
男性は学歴は比較的高くないが、女性は高学歴が多い
⇒戦いやすい
⇒高学歴の女性と出会いやすい

サンマリエで活動している女性の特徴

ここまで、会員構成を解説してきましたが、ここではどのような人が活動している人か紹介します。

結婚に本気の女性が多い

サンマリエに入会するには、以下の2点をクリアする必要があります。

〇多数の必要書類の提出
〇高い活動費用の支払い

この条件は、どちらも一定の覚悟が必要で、結婚に対して真剣でない人は、このハードルを越えられずに入会を諦めます。

そのため、サンマリエに入会している人はこのハードルを越えられるぐらい、結婚に真剣な人のみです。

Kei

結婚するには相手がどれだけ真剣に考えているかも重要です。

自立して働いている

サンマリエに入会している女性は、年収が高く自立している方が多いです。

サンマリエ女性会員の年収割合。
400万円以下53%
400~600万円34%
600~800万円9%
800~1000万円2%
1000万円以上2%

引用元:サンマリエ

上のグラフは、サンマリエに入会している女性会員の年収層の割合です。

グラフの通り400万以上の年収の方が47%を占めています。

女性の平均年収は300万円ほどと言われているので、しっかり働いて自立している女性が多いと言えます。

Kei

最近は共働きが主流。女性にも自立して働いていることを求める人は多いです。

若い女性が多い

サンマリエでは若い女性も多く在籍しています。

上記の円グラフはサンマリエの女性会員の年齢層です。

約4割が30代前半以下と若い女性も多く在籍しています。

自分が対象としている年代の女性がいるかはとても重要。

その点サンマリエでは、若い年代の女性が多いので、男性としては安心でしょう。

清楚で真面目な女性が多い

サンマリエに入会している女性は、真面目そうな方が多いとの情報もあります。

実際、筆者も活動中に出会った女性会員も、黒髪や落ち着いた化粧など、清潔感のある印象の女性が多かったです。

シングルマザーの人が多い

サンマリエには、『ひとり親家庭特別プラン』があり、かなり力を入れています。

そのた割引は、初期費用120,000円引き、月会費6,000円引きと破格の設定です。

そのため、シングルマザーの人も多くいます。

Kei

男性にも適応されるので、対象の人にはかなりおすすめです。

~無料相談・資料請求はこちらから!~

サンマリエには美人はいるの?

男性であれば、美人が会員でいるのかは正直気になりますよね?

結論、サンマリエに美人はいます!

『わざわざ美人が結婚相談所に入会する必要はないんじゃないの?』と考えている人もいるかと思います。

ですが、以下のような理由で結婚相談所に魅力を感じて入会する方も多いです。

〇職場など普段の生活で出会いがない
〇情報の信頼性や安全性が高い
〇効率的に婚活したい
〇短期間で結婚に結びつく
〇身近なところで恋愛したくない
〇結婚前提の人との出会いを求めている
〇マッチングアプリの普及で身近になった

詳しくはこちらの記事で解説しています。

サンマリエはこんな人におすすめ

ここまで、サンマリエの会員情報について紹介してきました。

ここでは、どういった人がサンマリエにおすすめか解説します。

早期成婚を目指している方

サンマリエはキャッチフレーズで『結婚までの最短距離ならサンマリエ』とうたっている通り、早期成婚を目指す人にはおすすめの結婚相談所です。

そのキャッチフレーズに恥じない実績も兼ね備えていて、以下のようなデータがあります。

交際までの期間平均51日
2ヵ月以内の
交際スタート
約8割
成婚までの期間活動期間5ヵ月が最多
1年以内の成婚率成婚した人の76%

これらの通り、早期に交際・成婚できることが実績で証明されています。

このような結果は、カウンセラーの手厚いサポート・スタートアップ集中プログラムや婚活カレッジなどの充実した環境がそうさせているのだと考えられます。

Kei

早期結婚できる環境がサンマリエには整っています。

恋愛経験が少ない人

恋愛経験が少ない人にとっては、どのように異性と交流すればいいのか等悩みが多いです。

その点、サンマリエは専任のカウンセラーがサポートしてくれるので安心。

ですが、サンマリエはそれだけではありません。

サンマリエ独自の婚活カレッジがあり、自己成長するための環境が十分に用意されているのは大きな特徴です。

婚活では、自己成長は必要な事ですが、サンマリエでは、そのための環境が整っているため、特に恋愛経験が少ない人にとってはうってつけの環境と言えます。

Kei

婚活カレッジの制度は他にはない驚きのサポート内容です。

ひとり親の方

サンマリエには『ひとり親限定プラン』があり、破格でサービスを受けることができるので、おすすめです。

初期費用55,000円、月会費11,000円で、このクラスのサービスをうけられるところは他にありません。

もしひとり親で結婚相談所の入会を検討している人がいれば、第一におすすめできる結婚相談所と言っていいでしょう。

Kei

このサービスでこの価格設定は破格としか言えません。

サンマリエの口コミ・評判

サンマリエの入会を検討している方が気になるのは、やはり口コミ・評判。

ここでは、サンマリエについてどのような口コミ・評判があるか紹介します。

SNS上での口コミ・評判

この方は、元結婚相談所に勤務していた方のようですが、スタッフ(カウンセラー)のサポート付の結婚相談所のおすすめにサンマリエを上げています。

https://twitter.com/hnym_knkt/status/1700053361817755690

こちらは方は、結婚相談所を検討する上で、サポートの手厚さからサンマリエを検討しているようですが、価格での高さに躊躇しているようです。

こちらの方はサンマリエに入会して6ヵ月で成婚退会したようです。

さらにおめでたいことに、41歳で妊娠出産することもできたとの事。

口コミ・評判まとめ

SNS上にある口コミ・評判をまとめてみると、『サポートが手厚い』という意見が多くありました。

また、実際にサンマリエで活動して早期成婚した方もいるようです。

このようないい評判がある反面、料金の高さに躊躇してしまうといった口コミもあります。

これらの口コミ・評判をまとめると、料金が高いが、その分手厚いサポートで早期成婚が見込めるのがサンマリエの特徴と言えます。

Kei

結婚は一生に関わる重要な事。料金は高いですが、サンマリエにはその価値が十分がりあります。

~無料相談・資料請求はこちらから!~

よくある質問

ここではサンマリエに関してよくある質問について解説します。

質問

サンマリエの料金はどうなっていますか?

各コースの料金の比較表はこちらです。

スクロールできます
カジュアルコーススタンダードコースカスタムコース
初期費用94,000円
(税込103,400円)
170,000円
(税込187,000円)
自分に合った
最適プランを
相談の上構成
月会費15,000円
(税込 16,500円)
16,000円
(税込 17,600円)
成婚料200,000円
(税込 220,000円)
200,000円
(税込 220,000円)

料金(税込)
カジュアルコース初期費用:103,400円
月会費:16,500円
成婚料:220,000円
スタンダートコース初期費用:187,000円
月会費:17,600円
成婚料:220,000円
カスタムコース自分に合った
最適プランを
相談の上構成

こちらの記事で詳しく解説しています。

質問

中途退会・休会はできるの?

中途退会・休会ともに簡単にできます。

どちらも、専任のカウンセラーかスタッフに申し出て、手続きすることで可能です。

こちらの記事で詳しく解説しています。

質問

店舗はどこにあるの?

店舗の一覧はこちらです。

東北仙台・山形
関東東京オペラシティ(初台)・新宿・有楽町・北千住・大宮・千葉・横浜みなとみらい・群馬・茨城
中部・東海長野・名古屋栄・沼津・浜松
関西・近畿大阪心斎橋・奈良オフィス・京都・姫路・神戸
中国・四国広島・岡山・愛媛
九州福岡(天神)

また、その他にも月に1~2回のペースで以下のサテライトが開催されています。

東北青森・盛岡・秋田・山形・郡山
関東水戸・日立・つくば・宇都宮・高崎・太田・深谷・熊谷・成田・小田原・平塚
中部・東海新潟・長岡・金沢・福井・甲府・松本・岐阜・静岡
関西・近畿滋賀・和歌山
中国・四国鳥取・松山・徳島・高知・高松・松江・米子・下関・山口・倉敷
九州小倉・佐賀・長崎・佐世保・熊本・大分・宮崎・鹿児島

まとめ

本記事では、サンマリエの会員情報について詳しくまとめました。

結婚相談所で活動する上で、入会したところにどのような会員がいるかはとても重要。

その点、サンマリエは会員数も多く、年齢層や年収層なども他の結婚相談所と比べて平均的なので、幅広い方が安心して入会できる結婚相談所です。

なお、詳しいサンマリエのサービスや、実際にどのような会員がいるか等は、資料請求・無料相談を受けることで確認することができます。

少しでも興味がある方は、どちらも無料ですので、一歩踏み出すことをおすすめします。

幸せを手に入れるためには、自分から積極的に動く必要。

あなたも、幸せな未来のために一歩踏み出してみませんか?

~無料相談・資料請求はこちらから!~

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたい場所をクリック!